育毛剤 人気 比較 ランキング

あなたにピッタリの育毛剤を選ぶポイントを暴露します

育毛剤選びのポイントとは

育毛剤選びで最も重視して欲しいのは、値段や、口コミによる評判ではなくて、

 

実際に使用した時に、自分にあった育毛剤であるかどうかというポイントです。

 

せっかく購入したのに、自分の抜け毛、薄毛の症状にあっていないとしたら、その効果を十分に発揮できないでしょう。

 

 

また、頭皮に悪影響を及ぼす可能性がある添加物が入っていないものを選ぶようにしましょう。

 

頭皮や、毛根、髪に対して良くない効果、副作用が現れてしまうものがあるので、

 

必ず確認をしておくようにしてください。

 

 

使い勝手がいいかどうかも育毛剤を選ぶポイントとして重要です。

 

どうしても育毛をしていく期間は長くなる傾向があるので、値段が高すぎると金銭的な理由で使い続けることが難しくなります。

 

また、一日に何回も使うものだと面倒になってしまうこともあるので、一日1回の使用でよいものを選びましょう。

 

 

 

当サイトでは、口コミで人気のある育毛剤が本当に効果がでているのかを確認し、

 

おすすめ度をランキング形式で公開しています。

 

あなたにピッタリの育毛剤選びに役立ててください。


育毛剤の人気ランキングを発表します

第1位 チャップアップ

 

 

チャップアップ

 

安心の無添加、無香料の育毛剤で大人気なのがチャップアップ(CHAP UP)

 

ヤフーショッピングでも1位になる人気を誇っています。

 

専門家が品質認定し、多くの雑誌、メディアで紹介される人気、評判とも他の追随を許さない人気商品となっています。

 

今注目されているセンブリエキスが毛根に直接作用して血流を促進、

 

毛母細胞を直接活性化させて育毛効果を高めています。

 

私も使用していますが、抜け毛が減ってきて、その効果を実感できています。

 

私と同じように、使用者の97%が満足感を得ているのも信頼できるポイントでしょう。

 

チャップアップは当サイトでももっとも人気があって、一押しの育毛剤です。

 

しかも、安心の全額返金保証があるので、

 

自分に合わない場合はどうしたらいいのかと、迷っている人でも安心して育毛を始められます。

 

 

 

20代でチャップアップを考えている方はこちらへ

 

 

 

 

第2位 ポリピュアEX

 

 

ポリピュアEX


ポリピュアEXは、酵母エキス(1)バイオポリリン酸がこれまでの育毛剤に比べて大幅アップしています。

 

すでに200万本以上が販売されていて、これまで抜け毛や薄毛が気になって

 

育毛剤を3種類以上も使っているヘビーユーザーの方が特に購入している商品です。

 

つまり、他の育毛剤では効果がなかったという方がポリピュアEXに行きついたということです。

 

他の育毛剤では満足できなかった40代、50代の購入比率が高いのが特徴的です。

 

こちらも、満足できなければ全額返金保障が設定されているので安心ですね。

 

 

 

 

第3位 育毛剤プランテル

 

 

ポリピュアEX


M字型ハゲで悩んでいる方にぜひおすすめしたいのが、生え際が後退するM字型専用の育毛トニックが薬用プランテルです。

 

効果がない場合には全額返金が設定されているメーカー自慢の育毛剤です。

 

男性ホルモンの5α-DHTが毛根にダメージを与え、毛髪の成長を阻害しますが、

 

厚生労働省が認可している発毛成分の

 

センブリエキス、セファランチン、グリチルリチン酸2Kの3つの有効成分が発毛を促します

 

生え際が気になりだしたら、早めの対応が必要です。

 

そのうちにではなく、気になったらその時が育毛を始めるタイミングです。

 

 

 

10代M字ハゲに悩むならプランテルの詳細へ

 

 

 

 

第4位 生薬育毛剤WAKA

 

 

生薬育毛剤ワカ


水を一滴も使っていない育毛剤がWAKAです。

 

水やアルコールで原液を薄めているのが一般的な育毛剤なのですが、生薬育毛剤WAKAは生薬の抽出物だけで作られています。

 

つまり、一切の添加物が入っていないということにもなります。

 

厚生労働省の厳しい規格をクリアし認可され、医薬部外品として製造されている

 

こだわりの育毛剤です。

 

初回注文から90日間の返金保障もついています。

 

生薬育毛剤 WAKA ★★承認率100%保証!★★

 

 

 

第5位 育毛ミストM-1

 

 

育毛ミストM-1

第7回世界毛髪研究会議で最優秀プレゼンテーション賞を受賞した開発チームが手掛ける育毛ミストM-1です。

 

発毛のメカニズムを探求しているチームが手掛けているだけに効果も高いと評判になっています。

 

ミストM-1は、その注目のマイクロセンサー理論によると、発毛シグナルが大きく増加して、毛母細胞が活性化し、発毛、育毛促進する育毛剤になります。

 

さらに、発毛を阻害している脱毛シグナルのTGF-βを70%も削減してくれるので、

 

育毛と、抜け毛防止の両面から髪の毛を守ってくれるでしょう。

 

 

 

第6位 BUBUKA(ブブカ)

 

 

ブブカ

最先端抽出技術で、育毛エキスM-034を高密度で抽出し、育毛剤として商品化にこぎつけたのが

 

濃密育毛剤と呼ばれるブブカなのです。

 

髪に悩む人間なら絶対に実現して欲しかった、育毛効果だけではなく髪の毛の退行を抑制するというこれ以上ない効果が期待できます。

 

また、ブブカの特長は、血行を促進して、毛の成長を促すだけではなく、

 

ヒアルロン酸と同等の保湿力で頭皮の潤いを保つので、髪の毛の生育に良い条件が作られることにもなります。

育毛剤は脱毛が始まる前でもしておくべき?

育毛始めるタイミング

発毛や育毛といいますと、脱毛が始まってからすべきであるとか、

 

髪の毛が薄くなってきてから始めようとかいうようなことを連想するものですが、

 

そうなる前の段階からでも育毛剤の利用はしたほうがいいのでしょうか?

 

結論から言いますと、早めに予防しておいたほうが剥げる可能性が少なくなり、

 

将来時間をかけて薄くなった髪をケアしなくてもいいので早めに始めるようにしましょう。

 

 

気になったらすぐに始めるのがポイントです。

 

 

現段階では、髪の毛が生えているといっても、

 

男性の脱毛症の原因には遺伝といった要素があったり、

 

ちょっとした環境の変化で男性ホルモンの過剰分泌や疲労やストレスによる血行の圧巻度によって、

 

急激に髪の毛がなくなってしまう可能性があるのです。

 

そうなってからでは遅いのではないでしょうか。

 

 

要因についてはなかなか個人差が大きく作用してくるため断言することが難しいこともありますが、

 

ハゲになりやすい原因があるというような場合には育毛剤を利用していることによって、

 

そういった因子の影響があるとしても、少しでもハゲの進行を食い止めたり、

 

将来的にハゲないようにできる可能性がありますので育毛剤を髪の毛が減りだしてからではなく、

 

今すぐにでも育毛剤を利用しはじめて、髪の毛の質や、量を保ったりするのにも有効なのです。

 

 

まだ、そういったことを考えるのはは早いなどと考えるのではなく、

 

ちょっとした育毛成分のあるものを利用してみると、後のち髪の毛のことで悩まなくて良くなるのではないでしょうか。

 

何らかの不安があるのであれば、早めのケアを行うようにしましょう。

 

 

育毛剤選びで迷ったら、人気ランキングの上位にあるものをチェックしてみるのも一つの方法です。

 

10年後に早めの育毛を始めてよかったと思えるはず。

 

迷っている時間がもったいないという考えも大切ですよ。

 

人気になるのは、当然のように使っているユーザーの方から高い評価を受けているからで、

 

生の声が反映されているわけです。

 

人気ランキングの上位に出てくる育毛剤は必ずチェックするようにしましょう。


チャップアップについて

chapup

今回、育毛剤チャップアップを利用したので、

 

その体験談やその効果などを投稿したいと思います。

 

当方20代前半の男性なのですが、

 

友人からも薄毛のことで指摘をされる、バカにされるなど、

 

かなり薄毛が目立つようになりました。

 

自分で鏡を見るたびにため息をついてしまう日々を繰り返していました。

 

 

そこで、何か対策はできないかとインターネットで育毛剤を検索したところ、

 

今回利用したチャップアップが良さそうだったので、利用してみることにしました。

 

チャップアップは公的機関より証明書の発行がされており、

 

とても信頼性の高い育毛剤だったので、安心して購入できました。

 

実際の使用感もたくさんでていた、口コミ通りに自然に使えましたし、

 

使いだしてからも副作用が全くありませんでした。

 

 

やはり育毛剤はその効果に比例して副作用があるのが一般的のようですが、

 

実際に使う立場になってみれば、副作用があるなんてありえません。

 

チャップアップは、他の育毛剤と比べ一線を画していますね。

 

それもそのはず、無添加で無香料ですから、副作用を心配しないで済みますよ。

 

 

また、もし使用した後で満足のいく結果が得られなかった場合、

 

全額返金の保証が付いているので、安心して利用ができると思います。

 

 

結果的に、私はこの育毛剤により髪の毛が濃くなり、以前のようにバカにされることがなくなりました。

 

全く身体に影響はなく、また結果に満足いかなければ全額返金していただけるということで、

 

利用者はノーリスクで利用することができます。是非、チャップアップを利用してみてください。


AGAに効果の高い治療薬

現在では、さまざまなAGAの治療薬が出てきていますが、有名なものでは、やはり「プロペシア」です。

 

このプロペシアの有効成分は、「フィナステリド」というもので、AGAの治療には欠かせない成分です。

 

プロペシアは、元々、前立腺肥大症の治療薬として、開発された治療薬ですが、

 

患者の方に発毛効果が確認されたため、研究の末、AGA治療薬としても使われるようになりました。

 

AGAになる原因は、男性ホルモン「テストステロン」を、還元酸素の「5αリダクターゼ」が、

 

AGAの原因とされる「ジヒドロテストステロン」へと変えてしまう事にあります。

 

このジヒドロテストステロンは、毛乳頭細胞にある受容体と結合し、髪の成長を抑制してしまいます。

 

そこで、プロペシアの主成分でもあるフィナステリドにより、

 

テストステロンがジヒドロテストステロンに変えられてしまうのを防いでくれるのです。

 

このプロペシアにも、当然副作用は確認されています。

 

主な副作用は、性欲減退や、勃起不全機能の低下があります。

 

しかし、副作用を感じた人の割合は、性欲減退が1.8%で、勃起機能低下は、1.3%と、非常に低いです。

 

そして、この副作用の割合も、プラシーボ効果による可能性もあるため、実際は、更に低いようです。

 

医師の指示にしたがって、使用すれば問題はないでしょう。

AGA治療薬のジェネリック医薬品と価格

AGA治療薬は、1997年に「フィナステリド」が主成分の新薬「プロペシア」が登場しました。

 

プロペシアは、前立腺肥大症の治療薬として開発されたものです。

 

その後、フィナステリドは、AGAの原因となる「ジヒドロテストステロン」が作られるのを抑制する効果があり、

 

プロペシアは育毛剤としても効果を発揮することが研究で分かりました。

 

そして、今現在では、このプロペシアを元に作られた「ジェネリック医薬品」が続々登場しています。

 

このジェネリック医薬品というのは、新薬を元に作られているため、

 

研究にかかる費用や、研究期間が大幅に短縮できるため、「低価格」で手に入れることができるのです。

 

しかも、主成分は同じフィナステリドのため、新薬のプロペシアとほぼ同等の効果を持つ医薬品です。

 

価格は、新薬の半分以下という物もたくさんあり、中でも、プロペシアのジェネリック医薬品の「フィンペシア」が人気のようです。

 

そこで、更に価格を安く、そして、同等以上の効果が得られるAGA治療薬として、フィンカーが挙げられます。

 

このフィンカーは、ブロスカーというAGA治療薬のジェネリック医薬品です。

 

何が良いかと言いますと、プロペシアがフィナステリドの含有量1mgに対し、

 

フィンカーは5mg含有しているという点です。

 

フィンカーの方が、若干プロペシアのジェネリックのフィンペシアより高いものの、

 

それ以上にフィナステリドの含有量が多いのです。

 

ただし、1日の摂取量は1mgほど定められているため、フィンカーの場合は、錠剤を4分割ほどにして使用します。

 

この4分割により、更にコストダウンできるのです。

 

同じ効果が得られるのであれば、できるだけ安く済ませたいものです。

注意すべき!男性用育毛剤の副作用

chapup

薄くなった髪の毛を、増やすための男性用育毛剤。

 

「髪を増やすだけだから」と、副作用は無いものと思いがちですが、意外な副作用があるのです。

 

この記事では、男性用育毛剤の副作用について、主に2タイプの育毛剤ごとに紹介していきます。

 

まずは、「ミノキシジル」という成分を含んだ育毛剤。

 

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、大正製薬の「リアップ」など有名商品で使われています。

 

よく出やすい副作用は「頭皮のかゆみ」で、ミノキシジルに含まれる「プロピレングリコール」という成分がアレルギーを起こすのが理由。

 

また、実はこのミノキシジルは、元々高血圧の治療のため、血管拡張剤として作られた成分です。

 

そのため、場合によっては「重い低血圧」に陥ってしまう場合もありますので、その際は使用を注意しましょう。

 

その絡みか、循環器系で問題がでる場合もありますので、

 

体の調子がおかしいと思ったら、きちんと病院でチェックしておきましょう。

 

 

次は、「フィナステリド」という成分を含んだ育毛剤。

 

こちらは、医師の処方箋が無いと手に入らない「プロペシア」という医薬品で使われています。

 

使用法は「内服」で体の中に直接入るため、ミノキシジルとはまた違った副作用が出てきます。

 

性欲減退・勃起不全などがありますが、特筆すべきなのは「肝機能障害」でしょう。

 

フィナステリドは肝臓で代謝される薬なので、肝臓に問題がある方は服用は厳禁。

 

全身に倦怠感が現れたりしたら、肝機能障害の可能性がありますので、要注意です。

 

というわけで、男性用育毛剤の副作用でございました。

 

様々な副作用がありますが、

 

「低血圧なのにミノキシジルを使う」

 

「肝臓が悪いのにフィナステリドを使う」

 

と言うことをしなければ、ひどい副作用は避けられますので、自分の体を考えながら育毛剤は選びましょう。